能楽ランド

・・・はじめての方もお気軽に。
・・・・・・・・・・・・・能楽はじめの第一歩!

【写真で楽しむエトセトラ】 装束着付け
普通は見られない場面をご紹介
1.
白の肌じゅばん、能パッチ、白足袋をはく。
頭には帽子(布製のぴったりとしたもの)をかぶる。
   
2.
胴着(どうぎ)を着る。    
3.

演目によって決まっている色の襟(えり)を重ね、巻き込む。着付けの摺箔(すりはく)を着て、胴紐(胴帯)でしめる。

胴紐胴紐

 
4.
床几(しょうぎ)に座り、鬘をつける。 床几床几
5.

櫛でとかして結う。

櫛

 
6.
うしろは元結(もっとい)で結ぶ。 元結元結  
7.
それぞれの装束をつける。    
8.
前の裾(すそ)を極端に上げた独特なつけかたをする。装束糸とハサミは必需品。 糸針糸針  
9.
鬘帯(かずらおび)を締める。 鬘帯鬘帯  
10.
鏡の間で、精神統一したのち、面(おもて)をつける。 面(おもて)  
11.
面の角度など、入念なチェックをする。    
12.
揚幕(あげまく)の内側に移動。    
13.
さあ、舞台へ。    
Copyright (C) 2016 能楽ランド All Rights Reserved.